スポンサーリンク

 

サバイバルゲーム用のエアガンは個人輸入できるのか?

アメリカは身近な場所で強盗に遭遇するような社会であり、護身用に銃を置いてある家庭も普通にあります。そしてサバイバルゲームも盛んで、街中でもバトルできるようにセットアップされたフィールドがあります。ですから例えゲームであっても本気度が問われるスポーツなのかもしれません。

アメリカ国内で販売されているエアガンは日本の商品に比べると、発射威力が高く連射性能が優れているので、アメリカから輸入されたいと考える方が時々いらっしゃいます。

エアガンは規制対象となるので個人輸入はできない。

他の代行業者さんで扱っているところもあるようなのですが、ワイワイLAではエアガンのご依頼はお受けしておりません。

ダメもとで輸入を試みる方もいらっしゃるようです。例えば通関時に見つかっても即座に滅却処分にはされませんが、性能証明の提出や殺傷能力の有無などが厳密に問われます。輸入可否を判断する性能証明はメーカーの取り扱い説明書や仕様書だけでは十分ではありません。

結果として税関が求めるような性能証明をそろえることができないので、滅却処分に応じることになってしまいます。もしメーカーから詳しい性能証明を手に入れたとしても、アメリカのエアガンはパワーがありますから輸入禁止処分となってしまいます。(輸入可否の判断となる具体的な性能数値は確認できていません)

何がなんでもアメリカのエアガンがほしい!

日本のエアガン販売業者には、海外の製品を扱っている所もあります。アメリカ国内の製品より性能を幾らか落としたり、日本向けの仕様で生産されたものを輸入しているようですので、そちらから購入される事をお勧めいたします。

サバイバルゲーム関連でも輸入できる商品はある

エアガンは輸入できなくても、ゴーグルやストラップ、プロテクターなどの関連商品はスポーツ用品として輸入が可能です。またミリタリールックのフライトジャケットやブーツ、サバイバルベストなどファッションで楽しめる個人輸入商品もあります。

ソフトガンは輸入できない?

ソフトガンは輸入できない?

 

スポンサーリンク