EOSKISSMBK-18150IS キヤノン ミラーレスカメラ「EOS Kiss M」EF-M18-150 IS STM レンズキット(ブラック)



◆新映像エンジンDIGIC 8の搭載による「デュアルピクセルCMOS AF」の進化

新開発の映像エンジンDIGIC 8の高速画像処理により、CMOSセンサーの各画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」が進化。

DIGIC 8 により、従来の最大49点から大幅に増加した最大99点の測距点を生かした位相差AFによる高速・高精度なピント合わせや、動く被写体に対して滑らかなピント追従が可能。
また、対応する交換レンズ装着時には従来と比べて、より幅広いエリアとなる撮像面の約100%(縦)×88%(横)の範囲で、最大143点の測距点を生かした素早い合焦が可能。

画像処理性能に優れたDIGIC 8により、「デュアルピクセルCMOS AF」の追尾性能が向上。
追尾対象と背景の距離が離れている場合や、追尾対象と別被写体の距離が離れている場合、類似被写体への誤追尾防止や背景と同系色の被写体の追尾性能向上に貢献。

処理性能に優れたDIGIC 8により、連続撮影性能が従来に比べて向上しAF・AE(自動露出制御)連動で最高約7.4コマ/秒、AF固定で最高約10.0 コマ/秒の高速連写が可能。
被写体の瞳を検出してピントを合わせる新機能「瞳AF」を搭載。
シビアなフォーカスが求められるポートレート撮影に好適。

◆新映像エンジンDIGIC 8の搭載により高画質な写真・映像撮影が可能

新映像エンジンDIGIC 8とAPS-Cサイズ・約2410 万画素のCMOSセンサーを搭載し、高画質な写真や映像表現を手軽に楽しむことが可能。
「オートライティングオプティマイザ」の性能が向上。
写真の中で輝度の高い部分に優先的に階調を配分し、白トビの回避や明るい領域の豊かな階調表現を実現。
また、被写体が一人の場合に従来の顔検出と連動した顔の明るさの補正に加え、肌の白トビを補正。
カスタム機能「高輝度側・階調優先」に、白トビを抑制するモード「D+2」を新たに追加。
高輝度側の階調表現を拡張し、晴れた日の風景撮影などに好適。
「デジタルレンズオプティマイザ」をミラーレスカメラで初めて搭載。
レンズの収差や回折現象、ローパスフィルターに起因した解像劣化の補正がカメラ内で可能。
フルHDの約4倍の解像度となる4K(24p/25p)の高精細な動画撮影が可能。
撮影した4K動画から任意の1フレームを約830万画素(3840×2160)のJPEG 画像として保存する「4Kフレーム切り出し」機能を搭載。
新RAWフォーマット「.CR3」を採用。
またデータ容量の軽量化を実現した画像タイプ「C-RAW」を新たに追加し、処理速度が向上。

◆カメラ初心者にも親しみやすい快適な操作性

バリアングル液晶モニターを搭載。
タッチ操作にも対応しており、ライブビュー撮影や動画撮影における操作性や撮影アングルの自由度など高い実用性を確保。
視野率約100%の高精細EVFを内蔵。
キヤノン独自のレンズと約236万ドットの有機ELパネルを採用することで、周辺部まで高い解像感を確保。
自分好みの撮影設定が簡単にできる撮影モード「クリエイティブアシスト」が進化。
新たにオートモードから簡単に起動ができるようになったほか、RAW形式で撮影したデータは、再生モードから撮影後でも編集可能。
カメラ初心者にも分かりやすく親しみやすい配色とデザインのUI(ユーザーインターフェース)「ビジュアルガイド」を採用。
各撮影モードの効果を、簡易な説明や写真、視覚的な表現により分かりやすく表示。
好みに応じて従来の UIとの切り換えも可能。

#EOSKISS #キヤノン #ミラーレス #カメラ #EOSKissM #レンズキット #フォトコンテスト #ポートレート#モデル #卒業写真 #思い出 #メモリー #恋人 #彼女 #彼氏 #デート #夜景 #夏の思い出 #修学旅行#結婚式 #新婚旅行 #ハネムーン #温泉めぐり #バイク旅 #一人旅 #アルバム